【転職限界説を突破する】残り20年を充実させるための40代賢い大人の転職メソッド

コウ

皆さん、こんにちは。Careefis編集部のコウです!
今回は、残り20年の仕事を充実させる40代の転職について解説いたします!
転職エージェントの紹介や、使い方のコツ、留意点について紹介したいと思います。

年齢を重ねてから、転職を考えている方は、28歳、32歳、35歳など、転職の限界にまつわる様々な説を耳にしては不安になっている方も多いのではないでしょうか?

実は、最近の転職市場では、これらの説は必ずしも正しいとは言えません。
なぜなら、これら説は、2000年前後の就職氷河期と呼ばれていた時代の、就職できなかった若者を主に採用していた2006〜7年の説であり、近年は30代や40代の求人ニーズが高まっているからです。

近年の転職成功者の平均年齢は、最新のデータで32歳。そして転職者全体の15%は40歳以上の年齢層でした。この数字は、転職希望者の年齢別人口と照らし合わせても決して低い結果ではありません。
では40代は、何を意識した転職活動をすれば成功しやすいのでしょうか?

企業から見た40代の20代転職希望者との大きな違いは、経験やスキル(管理職経験、マネジメントスキルなど)を重要視するということです。
さらに、その他年齢層に共通して、人間性や意欲は必須です。
こちらの、経験やスキルを上手く活用し、如何に希望を叶えた転職ができるかが、転職成功者の大きな分かれ目になります。

40代転職者はなぜ転職エージェントを使うべきなのか

前提として、40代の転職希望者は転職エージェントを使って転職活動を進めていくべきです!
その理由は、①リスクマネジメント、②条件交渉、③自分の市場価値の確認の3点において圧倒的に効率的かつ有利だからです。
逆にそこが欠けると…かなりリスキーな転職になる可能性が高いので、とりあえず登録しておくことを強くオススメします。では、これらをひとつずつ噛み砕いて解説していきます。

リスクマネジメント

まず1つ目として、扶養すべき家族を抱えている方や、これまでの知識、経験を違うフィールドで活かすことができるのかという不安を抱える方長年かけて築いた社会的立場をリセットしかねないなどのリスクをネックに、40代に入ってからの転職に対して消極的な方は多いと思います。
転職業界のプロによる、さまざまな視点からのアドバイスを転職活動に取り入れることで、様々な不安要素に対しリスクヘッジしつつ、さらに+αの希望を併せ持つ転職先にありつく可能性はグンと高まります。
年収などの条件もエージェント側が企業へ交渉してくれるので、希望の転職先を絞っている方も登録するメリットは大きいです。

能力に相応な転職条件

前職の経験や、これまでに得たスキルに見合う年収などの条件交渉ができることは、転職エージェントに登録する大きなメリットと言えます。
転職理由として、前職に抱えていた不満(忙しさや人間関係など)をクリアしている転職先でも、せっかくこれまでに得た知識や技術を活かしきれず、収入も下がる転職をすれば、転職先に対する新たな不満が生まれるでしょう。
自分の価値を、存分に発揮できる職場で働くためにも業界のプロという相談窓口を確保してみてはいかがでしょうか?

自分の経験や能力の市場価値を確認できる

どんなに理想的な転職先の希望をエージェント側に伝えても、求職者の経歴がマッチングしないと連絡がまるで来ない…なんてこともあり得るはなしです。
ここで、自分の能力を、客観的な尺度を持って推し量ることで、能力や経験に見合う現実的な転職先を早期に選択肢として考慮できます。(最大価値を発揮出来る転職が早めに決まりやすくなる)
さらに、この段階では、アドバイザーの方との関係性も重要ですので早期からシビアな目でアドバイザーを選んでおくことをオススメします。

40代におすすめの転職エージェント3選

【筆者イチオシ番外編】Unit


参照:http://recruitment.unit88.jp/

ランキング外にはなりますが、数多くの転職エージェントの中から筆者がイチオシのエージェントが「Unit」になります。

知る人ぞ知る転職エージェントです。

イチオシの理由は、圧倒的なコネクションを持ちつつも求人の量・質が共にハイレベルだからです。

4000社以上の企業と提携できており、ありとあらゆる職種に対応できるんです。
なんと大手エージェント会社も自社求人で対応できない場合は、Unit に依頼がくるというから驚き!!
強固なコネクションを使って、求職者が求める一番理想の求人を一緒に探してくれるんです。

また、Unit のキャリアコンサルタントは、全員ヘッドハンティングで大手エージェント会社を長年経験してきた優秀な方が勢揃いなので、どんな相談にも的確に回答してれます。

そして、何よりもキャリアコンサルタントが求職者目線です!
他のエージェントは多くの場合、キャリアコンサルタントにノルマが課せられてい、高い手数料がもらえる企業に転職させようとしたり、期末の目標が迫っているから求職者に転職を急かしたりとキャリアコンサルタント自身が求職者目線に立てない環境になっていることがほとんどです。

Unit ではキャリアコンサルタントに全くノルマがありません
なんなら、求職者自身のキャリアのことを考えると「転職しない方がいいと思います!」と言ったようなアドバイスもくれます。

自分の人生がかかっている転職ですから、徹底的に求職者目線で信頼できるキャリアコンサルタントが本当に重要です。

転職しようか迷っている、どんなキャリアがあるか知りたいって方も大歓迎です!
とにかく、転職エージェントで迷ったら、Unit にまずは相談してみましょう。

今後、上位にランクインすること間違いなしの転職エージェントなので、イチオシでピックアップしました。

ぜひ相談してみることをオススメします!

第1位:パソナキャリア


参照:https://www.pasonacareer.jp/

・求人の量と質 5
・キャリアコンサルタントのレベル 4.5
・提案力 3.7
・転職者視点 4
・転職後の満足度 4.8

パソナキャリアはなんと言っても圧倒的な求人数が魅力
人材派遣領域で業界No.2の「パソナ」が運営している
16,000社以上と取引実績のある信頼できる転職エージェントになります。

履歴書の添削や面接対策などのサポート体制も手厚く、経験を積んだ優秀なコンサルタントが揃っています

また、人材派遣領域で上位のシェアを占めており、企業との強力なネットワークをもっています。
派遣領域で定期的にクライアント企業と連絡をとっているため、企業とのコネクションが強く独占案件を多く抱えています。
独占案件が多いので、他の転職エージェントにはない質が高い求人が多数!
大手ということもあり、担当キャリアアドバイザーの質も高く、
電話・メールのレスポンスが速く安心できる転職エージェントになります。

第2位:type転職エージェント


参照:https://type.career-agent.jp/

・求人の量と質 5
・キャリアコンサルタントのレベル 3.3
・提案力 4
・転職者視点 3.2
・転職後の満足度 3.8

type転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の関東圏の案件を主に扱っている、総合転職エージェントです。

1993年に創業した老舗の転職エージェント企業ということもあり、非公開求人が非常に多いことで有名です。
リクルートは1977年、dodaは1989年、マイナビが1998年なので、大手に比べても長い運営歴を持っています。
登録後に見ることができる非公開求人はどの転職エージェントにも勝る質の高さを誇っています。

キャリアコンサルタントの質は担当によって左右されるようですが、
無料登録だけで閲覧できる非公開求人はイチオシなので、まずは登録だけでもしてみることをオススメします。

第3位:リクルートエージェント


参照:https://www.r-agent.com/

・求人の量と質 5
・キャリアコンサルタントのレベル 4.6
・提案力 3.8
・転職者視点 3
・転職後の満足度 3.1

リクルートエージェントは、老舗の総合転職エージェントで多くの求人数を抱えていることが強みです。
知名度は非常に高いですが、担当者によってサービスの質がまばらだったりということがあるようです。

とはいえ、最大手ということもあり、求人の質・量が圧倒的で、 幅広い求職者に対応しています。
他の転職エージェントで断られるような場合でも、リクルートエージェントであれば案件が見つかることも。

企業との繋がりが強くキャリアコンサルタントの交渉力が軒並み高いため、面談の合格率も高いです。
登録しておいて損はない転職エージェントです。

40代の女性人気転職エージェント3選

40代の女性、主婦層が歓迎されやすい業界や職種を得意としている転職エージェントを紹介致します!
仕事のブランクがあったり、結婚出産などで仕事を離れていた女性も、これから社会人として自分のために時間を使いたい!と思う女性も近年では増えてきました。
同時にそんな40代女性の採用をする企業も増えている傾向にあります。
これまでの経験やキャリアを洗い出し、さらに働いていなかった期間にしていた趣味やパート、育児の経験を転職に活かすこともカギです!
また、まだ幼いお子さんがいらっしゃる方でしたら、シフトの融通、残業の少なさ、子供の預け先に近く通勤しやすい、長く働けるなどの要望もリストアップし、転職エージェントに希望要素をしっかりと伝えましょう!
それでは、早速40代女性の人気転職エージェントを紹介致します!

第1位:ビズリーチ


参照:https://www.bizreach.jp/content/landing/bizreach-30/?trcd=0CAAF0000015_NO_&utm_source=caaf&utm_medium=alliance&utm_campaign=caaf/

・求人の量と質 5
・キャリアコンサルタントのレベル 4.7
・提案力 4.2
・転職者視点 4
・転職後の満足度 4.8

ビズリーチは、女性向けのサービスを運営しており、女性の管理職などにも特化しています。自分のキャリアに自信のある方なら、あなたの能力に相応しいフィールドを効率よく見つけ出しハイクラスな求人に出会える転職エージェントです。

即戦力として活躍したい方向けの転職エージェントでヘッドハンティング型(あなたの職務経歴書に興味を持った企業からのスカウト)による転職が8割を占めます

つまり、自ら動いて転職活動に割く時間を最小限にしつつ、高待遇の企業への就職を狙えます。自分の職歴や能力に自身のある方は是非おすすめのエージェントです!

第2位:パソナキャリア


参照:https://www.pasonacareer.jp/

女性向けの求人も多く、大手でありながら非常に親身なアドバイザーに定評のあるエージェントです。

第3位:DODA


参照:https://doda.jp/

・求人の量と質 4.8
・キャリアコンサルタントのレベル 4.2
・提案力 3.4
・転職者視点 3.1
・転職後の満足度 3

DODAはパーソルキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。
他の転職エージェントと比較して一番バランスが良いエージェントと言えます。

求人の量や質も他と引けを取らず、キャリアコンサルタントの質も一定レベルを担保できています。
キャリアコンサルタントの質が一定レベルな背景としては、DODA独自の転職成功ノウハウを蓄積していく仕組みが整っているからに他なりません。

全社的に転職成功率を挙げられる履歴書や面接テクニックを共有して、実績を積んでいます。
履歴書や面接に不安がある方はDODAのキャリアコンサルタントからテクニックを学ぶと良いでしょう。

女性向けのサービスも運営しており、キャリアアドバイザーも女性専門の方がいて、40代女性ならではの事情を親身に寄り添い、転職活動を進めるサポートを行ってくれます。

40代の転職エージェントの使い方と留意点

連絡が来なくてもこちらから週に1回は連絡を


特に、40代で経歴やスキルに自信のない方の転職は厳しい道程になります。エージェント側も企業に人材を紹介するにあたってマッチングをより重視しており、どうしても決まりやすい求職者の案件を優先する傾向はあります。
ここでの留意点として、エージェント側にしっかりと転職への熱意や意思表示をすることです。
転職エージェントの業務構造的に連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなるので、最低週に1度程度の連絡を入れておくことをおすすめします。

複数エージェントに登録

エージェント各社により、得意な分野や、持っている独占案件は様々です。よりよい選択肢を持って慎重に職場を選びたい方は複数エージェントの利用が必須です!
さらにアドバイザーの方との相性もあるので、より多く比較するという意味でも、最初で複数のエージェントに登録して、転職活動の進行状況を見て適宜絞っていくのが賢いエージェントの利用方法です。

【転職エージェントは組み合わせで使う時代】複数エージェント選び方大全

自分の経験やスキルをしっかり伝える


前項でも紹介したとおり40代の転職では、経験とスキルが大きな評価対象となります。
満足のいく転職をするための分かれ目にもなる重要な要素ですので、経験やスキルはキーワードとして登録情報に散りばめておくのをオススメします。

例えば、「〜業界」「管理職」「メーカー営業」「システムエンジニア」など。

いかがだったでしょうか?
40代の転職は自分のキャリアに自信があるか、また業界を絞った転職をするかによって大きく路線が変わってきます。
転職エージェントの利用に関しては下記記事で更に詳しく解説しております。

転職エージェントとは!?実態を徹底解析して最高の転職をするためのメソッド

また、近年、将来的に需要が高まっているIT業界転職について詳しく知りたい方は

【IT業界の転職エージェント】選ぶべき転職エージェントまるわかりのIT転職入門

の記事をご参照下さい。皆様の転職が上手くいくことを応援しております。
また、当サイトでは個人的なお悩み相談や、転職に関する細かな質問等受け付けております。
連絡ホームよりお問い合わせ下さいませ。