転職エージェントとは!?実態を徹底解析して最高の転職をするためのメソッド

こんにちは!

みさふぃす

こんにちは!Careefis編集部のみさふぃすです!
今回は、転職エージェントについて徹底解説します。
いろんな切り口から転職エージェントを見ていくことで知り尽くた上で有効活用しましょう!

「転職エージェントって結局何をしてくれるの…?」
「転職エージェントを有効活用したいけど、実態がよくわからない…」

転職活動をしようと思った時に転職エージェントでの転職を考えることがあるかと思います。
しかし、いざ転職を始めてみると様々な転職エージェントがあって、
転職エージェントって何をしてくれるところなの?どこに登録すれば良いの?なんてことも。

そこで、この記事では転職エージェントの仕組みから活用方法まで余すとこなく解説していくことで、あなたの転職活動を圧倒的に有利になるよう導きます!

本題に入る前に…
まずは筆者一押しの転職エージェントを厳選してご紹介します。

筆者おすすめの転職エージェント5選

以上が一押しの転職エージェントでした!
では早速、転職エージェントについて見ていきましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、会員登録をすると完全無料で転職相談や面談サポートを行っている会社です。
企業の求人紹介から求職者への的確なアドバイスや面接設置、年収交渉など求職者の転職が成功するようにサポートするサービスを提供しています。

転職エージェントが行うサービスは主に以下になります。

キャリア相談
求人紹介
履歴書の添削
面接対策
面接設置
年収交渉

転職エージェントの仕組み


次に、転職エージェントの仕組みについてお伝えしようと思います。
転職エージェントの仕組みに関しては上の図を解説していきます。

こちらを見ていただいたら分かるように、求職者が無料で利用できる理由は転職エージェントは
人材を紹介することによって企業から報酬をもらっているからです。

転職エージェントは紹介した求職者の年収に応じた報酬をもらえるので、年収の高い優秀な人材を紹介したいと思っています。
したがって、年収が上がることは求職者にとってはもちろん転職エージェントにとっても嬉しい話なのです。

また、求職者が希望する職種に就いて、入社してから価値を発揮してくれたら
企業は「またあの転職エージェントから人材を紹介してもらおう!」となるので、
信頼も獲得できるわけです。

つまり、求職者の希望が叶うことがそのまま転職エージェントとしても喜びに繋がるんです!

そういうことなので、自分事のように転職エージェントは求職者の転職活動を本気で応援してくれます。

転職エージェントの種類

転職エージェントは、大きく分けて2種類あります。
それは「総合型転職エージェント」と「特化型転職エージェント」です。

上記2種類に関して解説して行きたいと思います。

総合型転職エージェント

ありとあらゆる業界や職種の求人を取り扱うのが、総合型転職エージェントになります。

様々な求人が集まるため、求人数が多いのと選択肢が多いのが特徴です。
業界を絞らずに転職活動をしていたり、他の職種にも興味がある方に向いている転職エージェントになります。

「今までと異なる業界や職種に挑戦したい!」
「応募する業界や職種を指定したくない」
「良い求人があれば、業界や職種にこだわらず応募したい」

と思っている方は、総合型転職エージェントの利用がおすすめ!

キャリアアドバイザーも様々な分野の知識に豊富で、業界や職種を超えて比較ができることが強みです。

特化型転職エージェント

専門的な特定の業界や職種の求人を得意とするのが特化型転職エージェントです。

「自分の今のスキルを生かして仕事がしたい」
「業種や職種を絞って転職をしたい」

と思っている方は、特化型転職エージェントの利用がおすすめ!

キャリアアドバイザーは深い専門知識を持っているため、業界経験が浅くても話を聞くだけで勉強になること間違いなし
専門的にな知識やスキルを求めている場合は、特化型転職エージェントで効率よく転職活動ができます。

転職エージェントの役割


転職エージェントの役割は、求職者の転職成功を目指して、効率的かつ有利に転職が進められるようサポートすることです。

キャリアアドバイザーは、転職者の現在の状況に合わせて最適なアドバイスをくれます。
転職すべきか迷っている方も、どうすればよいかわからなくなっている方も気軽に相談できるようになっていて、
しっかりとしたヒアリングを元に一緒に解決策を考えてくれます。

転職のタイミングや求職者の市場価値なども客観的に意見をくれます
しかしながら、中には転職を急かして早く転職をさせようとする悪質な転職エージェントもあるそうなので、注意は必要です!
口コミや評判をみてしっかりと見極めることが大事です。

【最新2020年】転職エージェント徹底比較〜評判オススメを解説〜

多くの良質な転職エージェントは、企業と求職者のミスマッチを防ぐために念入りにすり合わせを行って、交渉や面談を設置してくれます。
企業側にも求職者側にも、満足した転職になるようにすることが転職エージェントの信頼や評判をあげることにも繋がるのです。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントを利用するにあたって求職者におけるメリットとデメリットをあげたいと思います。

メリット

転職サポートが無料
市場価値がわかる
キャリアについて客観的に考えることができる
非公開求人を提案してもらえる
年収交渉等、企業側へ掛け合ってくれる

上記のようなメリットがあります。
自分だけの力では受からない企業だとしても、転職エージェントを利用すれば
企業とのコネクションや信頼を元にキャリアアドバイザーが掛け合ってくれて内定をもらうことも可能なのです。

デメリット

早く転職させようとするキャリアアドバイザーがいる
マッチしていない職種を勧められることがある
転職市場価値が低いと判定されると相手にしてもらえないことがある
しつこく電話やメールがくることがある

上記のようなデメリットがあります。
評判の悪い転職エージェントは上記のような口コミを聞くことも…
会社はどうあれキャリアアドバイザーが優秀な転職エージェントを選ぶことが一番大事になってきます。

3つのオススメ活用法

・口コミや評判の良い転職エージェントを厳選する
・いくつか登録して自分に合ったキャリアアドバイザーを見つける
・非公開求人をなるべくもらう

あなたにあった転職エージェントの選択方法

【2020年最新】転職エージェントおすすめをプロが徹底解説!

転職エージェント総合評価ランキング

「いざ転職しようと思っても転職エージェントって多すぎてどこが良いかわからない…」ってことありますよね。

そんな疑問を解消すべく筆者が実際に収集した500件以上データを元に、転職エージェントの評判を徹底解析しました!
様々な観点から評価して、ランキング形式にしているのでぜひ参考にしてみてください。

評価の観点は以下になります。

・求人の量と質
・キャリアコンサルタントのレベル
・提案力
・転職者視点
・転職後の満足度

転職前のサポートも大事ですが、一番大事なのは「転職先の会社に本当に満足したか」ですよね!
転職直後だけの情報ではなく、転職後その人たちが実際にどう感じているかまで徹底的に追いました。

【2020年転職エージェント比較完全版】になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

【筆者イチオシ番外編】Whole Persons


参照:https://www.wholepersons.jp/

ランキング外にはなりますが、数多くの転職エージェントの中から筆者がイチオシのものになります!

社歴が浅いので知る人ぞ知る転職エージェントです。

何がすごいかというと、圧倒的なコネクションとキャリアコンサルタントのレベルです…!
ITベンチャーを数多く抱えており、メガベンチャーからスタートアップまで様々。
圧倒的なコネクションにより、企業の代表と直接繋がっているところもあるため、一次面談等をスキップして、いきなり社長面談からってことも可能なんです。

そして、キャリアコンサルタントは全員大手出身のエリートばかり。
Whole Personsのモットーでもある人を大事にする文化に共感するメンバーしか在籍していないので、
目の前の利益よりも本当に求職者のことを考えた提案をしてくれます。

豊富な知識と独自の切り口で、あなたにピッタリの業界や職種まで選んでくれます。
未経験でも大歓迎の求人もたくさん持っています。

正直、ここまで丁寧なコンサルは受けたことがなかったので衝撃でした…!
今後、上位にランクインすること間違いなしの転職エージェントなので、イチオシでピックアップしました。

転職したい方ならぜひ相談してみることをオススメします!

第1位:パソナキャリア


参照:https://www.pasonacareer.jp/

・求人の量と質 5
・キャリアコンサルタントのレベル 4.5
・提案力 3.7
・転職者視点 4
・転職後の満足度 4.8

パソナキャリアはなんと言っても圧倒的な求人数が魅力
人材派遣領域で業界No.2の「パソナ」が運営している
16,000社以上と取引実績のある信頼できる転職エージェントになります。

履歴書の添削や面接対策などのサポート体制も手厚く、経験を積んだ優秀なコンサルタントが揃っています

また、人材派遣領域で上位のシェアを占めており、企業との強力なネットワークをもっています。
派遣領域で定期的にクライアント企業と連絡をとっているため、企業とのコネクションが強く独占案件を多く抱えています。
独占案件が多いので、他の転職エージェントにはない質が高い求人が多数!
大手ということもあり、担当キャリアアドバイザーの質も高く、
電話・メールのレスポンスが速く安心できる転職エージェントになります。

第2位:type転職エージェント


参照:https://type.career-agent.jp/

・求人の量と質 5
・キャリアコンサルタントのレベル 3.3
・提案力 4
・転職者視点 3.2
・転職後の満足度 3.8

type転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の関東圏の案件を主に扱っている、総合転職エージェントです。

1993年に創業した老舗の転職エージェント企業ということもあり、非公開求人が非常に多いことで有名です。
リクルートは1977年、dodaは1989年、マイナビが1998年なので、大手に比べても長い運営歴を持っています。
登録後に見ることができる非公開求人はどの転職エージェントにも勝る質の高さを誇っています。

キャリアコンサルタントの質は担当によって左右されるようですが、
無料登録だけで閲覧できる非公開求人はイチオシなので、まずは登録だけでもしてみることをオススメします。

第3位:マイナビエージェント


参照:https://mynavi-agent.jp/

・求人の量と質 3.8
・キャリアコンサルタントのレベル 4.7
・提案力 3.1
・転職者視点 3.9
・転職後の満足度 3.2

マイナビエージェントは、最近非常に勢いのある転職エージェントです。

マイナビは、既存領域の事業をグロースさせるのが得意な会社で、
20代向けの案件や中小企業を中心に猛烈な勢いで求人数を増やしており、大変勢いのある転職エージェントです。

レスポンスが迅速なのはもちろんのこと、単なる求人紹介にとどまらず、一人ひとりを丁寧に分析した上での求人内容や面接対策などを行ってくれます。

リクルートに負けないためにキャリアコンサルタントの質にかなりこだわっています。
他社と比較して、未経験でもポテンシャルや人物重視の案件を豊富に抱えていることも特徴!

初めての転職で丁寧なで行き届いたサポートが欲しい方にはピッタリです。

第4位:リクルートエージェント


参照:https://www.r-agent.com/

・求人の量と質 5
・キャリアコンサルタントのレベル 4.6
・提案力 3.8
・転職者視点 3
・転職後の満足度 3.1

リクルートエージェントは、老舗の総合転職エージェントで多くの求人数を抱えていることが強みです。
知名度は非常に高いですが、担当者によってサービスの質がまばらだったりということがあるようです。

とはいえ、最大手ということもあり、求人の質・量が圧倒的で、 幅広い求職者に対応しています。
他の転職エージェントで断られるような場合でも、リクルートエージェントであれば案件が見つかることも。

企業との繋がりが強くキャリアコンサルタントの交渉力が軒並み高いため、面談の合格率も高いです。
登録しておいて損はない転職エージェントです。

第5位:DODA


参照:https://doda.jp/

・求人の量と質 4.8
・キャリアコンサルタントのレベル 4.2
・提案力 3.4
・転職者視点 3.1
・転職後の満足度 3

DODAはパーソルキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。
他の転職エージェントと比較して一番バランスが良いエージェントと言えます。

求人の量や質も他と引けを取らず、キャリアコンサルタントの質も一定レベルを担保できています。
キャリアコンサルタントの質が一定レベルな背景としては、DODA独自の転職成功ノウハウを蓄積していく仕組みが整っているからに他なりません。

全社的に転職成功率を挙げられる履歴書や面接テクニックを共有して、実績を積んでいます。
履歴書や面接に不安がある方はDODAのキャリアコンサルタントからテクニックを学ぶと良いでしょう。