転職者必見!転職エージェント評判を徹底解説〜後悔しない転職を目指して〜

コウ

こんにちは!Careefis編集部のコウです!
今回は、「人生を変える選択で後悔したくない!…」しかし、「転職エージェントを利用するのは怖い」
そんなあなたに向けて、転職エージェントの評判を徹底解説していきます!

その前に、あなたはそもそも、転職エージェントとはどんなサービスか知っていますか?
実は転職エージェントにも2つの種類があり、賢く1人1人にあった利用法を知ることが、あなたの転職を成功させる可能性をグンと引き上げるのです!

今回は、「満足できる転職がしたい。」「同じ失敗は繰り返したくない。」そんな気持ちを持つあなたに向けて、エージェント選びから、賢い利用法利用していく上での見落としがちな注意点をまとめました。
本記事は、あなたが将来的に満足できる転職をするために必ず役立つでしょう!

そもそも転職エージェントとは?

始めに知っておこう!転職エージェントの仕組み

転職エージェントの報酬制度

転職エージェントの報酬は、求職者ではなく企業から支払われます。

紹介者が入社した月、またはその翌月に年収の3〜4割が相場として企業から支払われます。つまり、内定段階では報酬は発生しません。

そして、紹介者がすぐに辞めてしまった場合、エージェントは高率になると8割程度の成功報酬を企業へ返還することになります。割合は、どのくらいの期間で退職したかにより変動します。

企業と転職エージェントの関係

転職エージェントは企業との関係により成り立つ仕事です。
求職者がすぐに辞めてしまうようでは、契約不履行という形で、企業側もそのエージェントに人材を募集したくなくなります。

上記2点をまとめると、長い目で見て求職者が働き続けられることが、企業にとってもエージェントにとってもメリットなのです。
そのため、内定後のミスマッチを防ぐためにも、エージェントは理念・風土・ニーズなどの企業情報を、しっかり把握した上であなたに紹介し、転職後のミスマッチを防ぐ必要があるのです。

転職サイトとの違い
企業が人材募集をする際、転職サイトに求人する方法と、転職エージェントに求職者と結びつけてもらう方法があります。
もちろん、転職サイトで募集するほうが安価です。

ここで、転職エージェントを経由する企業側のメリットは、2つあります。

1つは、ある程度企業情報を把握している、”マッチング率が高い人材”を選べること。

そしてもう1つは、”非公開求人”を募集できる点にあります。
非公開求人は、応募の殺到、非公開情報の漏洩を防ぐために、一般的には転職サイトではなく転職エージェントで募集します。

転職エージェントの2つの分類

転職エージェントも会社により様々な特色があります。
ここでは、扱う求人内容を2種類に分けて分類します。

総合転職エージェント
業界をまたぎ、網羅的に企業からの求人を取り扱います。

メリット
広い業界からの案件を大量に保有しています。
業界を絞らず転職を希望しているあなたに、
より広い選択肢の中から案件を提案してくれます。

デメリット
担当者が企業情報、業界専門知識を細部までは把握しきれていません

特化型転職エージェント
行きたい業界や業種がすでに定まっている、自分の専門性を活かしたいと思っているあなたには、特化型転職エージェントをおすすめします!

メリット
専門知識が豊富で、業界特有の面談にも対応できます。

デメリット
案件が少ないので、持っている案件を押しつけてくることがあります。

後悔しないために押さえるべき3つのポイント

自分の転職の軸を決める

年収、今の業界内外、プライベート時間の確保、福利厚生…などなど、仕事に求める理想を挙げれば、山のように出てきますよね。
しかし、それでいいのです!

理想を山のように挙げていったら、今度は自分にとって大事な要素から優先順位をつけてください

自分の価値観、譲れない要素、転職を悩むに至った今の職場への不満が見えてくるはずです。
その際、できるだけ数値化して比較してください。数値化することで、後から転職エージェントの担当者に伝わりやすくなりますし、何より自分が再認識できます。

自分の職場に求める理想を、要素ごとにスコア化し、上手く転職活動に反映させることで、後悔しない選択をするための判断材料になります。

逆に言うと、軸が定まらず多くの案件を抱えてしまうと、自分が本当はどんな仕事がしたいかわからないまま面談などでスケジュールを埋めてしまったり、本当は望んでいない企業を紹介されたりして、無駄に時間や労力を消費してしまいます。

始めに、転職先を比較するため、あなた自身の絶対的なものさしを持つことが重要です。

エージェントの選び方を知る

上記2つのエージェントの中でも、各社それぞれに特色があります。
まずは、総合転職エージェントの評判を徹底比較します。

その前に、まずは筆者一押し!Whole Personsのコンサルタントにご相談してみることをオススメします。

これまでの経歴や経験から、好きなことや得意なことを引き出し、一人ひとりの人生に寄り添った
就職・転職プランを一緒に考えてくれます!

「なんとなく転職したいけど、何をしたいのかわからない」
という方も丁寧なヒアリングから行ってくれるのでとても安心です。

大手の転職エージェントにはない経営陣・従業員が築き上げたリアルの人脈を駆使し、企業とのコネクションが強いことも特徴です。

これから転職活動始めるぞ〜って方には本当におすすめです。
初めての方でも親身になってお話聞いてくれるので、お気軽に相談してみてくださいね。

第1位:パソナキャリア

・求人の量と質 5

・キャリアコンサルタントのレベル 4.5

・提案力 3.7

・転職者視点 4

・転職後の満足度 4.8

パソナキャリア利用者の裏付け口コミ

26歳・女性:経理・財務・会計:年収320万円台

年齢が高めの私でも、長期にわたってサポートをしてくれました。
ここに登録し、その間に前職の仕事が忙しすぎて転職活動がだらだらと間延びしてしまったりして1年近く立ちましたが、定期的にメールを頂けてフォローしてくれます。 他のエージェントでは、最初の登録と数件の案件紹介が終えた後、連絡が途絶える所もありますが、ここは長期にわたり面倒見てくださいました。そういった意味では安心感を覚えます。(たまたま、担当頂いた方が優れて居たかもしれませんが)

 私の希望する業界が特殊なのか、少し案件は少ないようにも感じましたが、私が知っているこの会社のエージェント、2人を拝見させて頂く限りはフォローや親切な気がします。

CRO・SMO業界・ヘルプデスク・テクニカルサポート30歳・男性

定期的に電話で連絡してくださり、とても信頼できた。
また、直接お話しすることで、疑問点や不安がすぐに解消できたし、なにより、コミュニケーションが取り易かった。独占案件があり、良い企業を紹介していただけた。
また、随時進捗状況を報告していただき、対応が早く助かった。こちらの希望を詳細に汲み取っていただけて、書類選考、面接前、面接後とあらゆる局面での細かなフォローがあったことが良かったです。

CRO・SMO運送・配送業界・経理・財務・会計27歳・女性

個々の立場になってアドバイスをくれるコーディネーターさんがたくさん!
転職活動期間にお世話になりました。大手ということもあり求人の案件も多く、異業種でも初心者OKの求人を紹介していただき、今まで自分が知らなかった得意な分野を新たに引き出してくださいました。
面接が苦手でうまく思ったことが伝えられない、といったことにも親身になって相談にのってくださいました。転職活動期間は長引けば長引くほどマイナス思考になりがちですが、こちらのコーディネーターさんはどの方も近い距離で色々な面においてアドバイスをくださいます。今は、長期雇用の派遣で安定していますが、また何かの際には真っ先に連絡したいと思わせてくれる会社です。

CRO・SMO 化学・繊維業界・経理・財務・会計33歳・女性

転職後も親身になってくれます。
複数の転職エージェントがあり、私もパソナかアデコのどちらかで迷っていました。パソナにした理由は、新卒の就職活動中に説明会に参加したことが大きな決め手となりました。説明会の際に親身になって転職者を応援するという内容を思い出し、実際に自分が転職活動するならばパソナキャリアがよいなと思ったからです。転職活動中も応募履歴書の添削や面接の仕方など細やかに指導してくださいました。転職が成功したあともメールや電話で困ったことがないか等親身になってくださいました。転職は一度きりですが、パソナキャリアでよかったです。

CRO・SMOソフトウェア業界・プログラマ・SE38歳・男性

地方都市の求人がもっとあれば、選択肢が広がると思う。

第2位:type転職エージェント
・求人の量と質 5

・キャリアコンサルタントのレベル 3.3

・提案力 4

・転職者視点 3.2

・転職後の満足度 3.8

type転職エージェント利用者の裏付け口コミ

26歳・女性:経理・財務・会計:年収320万円台

自分自身でも気付けていなかったキャリア志向を引き出してくれた。
面談を通じて自分の望むキャリアパスはどのようなものなのか一緒に考えて頂けた。
特に嬉しかったのは、エンジニア志向というよりもITコンサル志向で転職活動を進めていくことに決めた旨を連絡したところ、すぐにITコンサル関連の求人情報を追加で提案して下さったことです。類似の求人を2~3くらい紹介頂けるのかなと想定していたところ、10を超える数を提案してもらえた事に驚きを感じました。

CRO・SMO業界・ヘルプデスク・テクニカルサポート30歳・男性

希望に対して否定や妥協するよう説得をせず、実現の為にどうしたら良いかアドバイスしてもらえた
業界内での自社の立ち位置や、周りの企業の採用状況・経営状況を教えてくれたのがtype転職エージェントだけだった。私が「おっ、ここ良さそうじゃん」と思える企業ばかり紹介してもらえてありがたいですし、実際にそれで何社か応募しました。
各企業から聞いた話なども教えてもらい、企業と担当者の繋がりが強い印象を受けました。

CRO・SMO運送・配送業界・経理・財務・会計27歳・女性

ほとんど何も分からない状態で相談をしに行ったにも関わらず、話を親身に聞いて下さいました。
明確なビジョンも無く、ほとんど何も分からない状態で相談をしに行ったにも関わらず、馬鹿にしたりせずに、話を親身に聞いて下さいました。また、今年の4月入社なのですが、今の状態ですぐに転職は厳しいが、現職で結果を残し最低1年はがんばったほうが良いと率直に言って頂けたので、今の会社でのモチベーションに繋がりました。

CRO・SMO 化学・繊維業界・経理・財務・会計33歳・女性

type転職エージェントの求人紹介は「一都三県」に特化しているため、 勤務地が関東に限定されるという口コミがありました。
東京・千葉・埼玉・神奈川方面ヘはめっぽう強い分、やはり他地域の求人の少なさが目立ちます。

第3位:マイナビエージェント

・求人の量と質 3.8

・キャリアコンサルタントのレベル 4.7

・提案力 3.1

・転職者視点 3.9

・転職後の満足度 3.2

マイナビエージェント利用者の裏付け口コミ

26歳・女性:経理・財務・会計:年収320万円台

転職するにあたり、個々の企業の動向などがわからないため、一人では転職するのは大変かもと思い、マイナビエージェントのサポートに登録をしました。こういった転職支援のサービスのメリットは、キャリアアドバイザーの人がシビアな言い方ではあるものの、的確なアドバイスをくれるという点です。現実をしっかり見ることができるので、その点では自分の経験や希望が叶うのかどうか、見えやすくなると思います。

一方のデメリットとしては、前職での経験があまりにも短いと、紹介してもらえる求人が少なくなってしまうという点です。私の場合は今の企業の動向や職務経歴書の書き方、面接の受け方などを細かく教えてもらえたので、その点では活用してみて良かったとは思っています。

CRO・SMO業界・ヘルプデスク・テクニカルサポート30歳・男性

面談では結構長い時間をかけてくれ、私の経歴をもとに転職市場で強みになる部分を教えてくれたり、どういった企業なら内定が出やすいか、職種変更は厳しい可能性があるかどうかなど、本音ベースで話をしてくれました。最終的には希望していた職種で転職することができたので利用して良かったです。
転職歴が多いとあまり求人の紹介がないように思います。企業の人事担当者もできるだけ転職歴が少ない人材を求めている面もあると担当者の人が話していました。でもこちらとしてはプライベートな話まで根掘り葉掘り聞かれた挙句、市場価値のような話をされてしまうと返す言葉もなくなってしまいます。やはり求職者によって対応が変わると感じました。担当者にもよるのかもしれませんが、転職回数が多い人にはあまりお勧めしません。

第4位:リクルートエージェント

・求人の量と質 5

・キャリアコンサルタントのレベル 4.6

・提案力 3.8

・転職者視点 3

・転職後の満足度 3.1

リクルートエージェント利用者の裏付け口コミ

営業・24歳男性

キャリアアドバイザーの方の堅実かつ迅速なサポートのお陰で早期に転職先を決めることができました。私の希望に近い企業をたくさん紹介していただき、企業選びなど一から自分で始めるより、はるかに時間も工数も省くことができました。更に、私個人では思いつかなかった可能性(業界・業種)を色々と紹介していただける点も魅力でした。

店舗管理・27歳男性

この不景気でなかなか求人が見つからないので、非公開求人を紹介してくださるのがありがたかったです。また、キャリアアドバイザーの方が、丁寧に相談に乗ってくださったので助かりました。面談で何時間もかけて私の話を聞いてくださったり、電話での相談が長引いてしまったときなども私が納得いくまで付き合ってくださって本当に感謝しています。

販売管理・ 20代後半・男性 ・年収400万代

結果的に転職は成功したが、先方への面接日時設定メールの送り忘れが生じていたことには愕然とした。担当コンサルタントが若いorあまりに忙しそうな場合は、重要な依頼ごとはこちらからチェックすることが必要。

SE・ 30代前半・男性 ・年収500万代

担当者にもよると思いますが、内定が出た後、とにかく早く入社するようにと促がされた点が気になりました。その分、企業にも内定出しを迫ってくれたのでトータルでは感謝していますが、積極的すぎて自分のペースでやりたい人にはおすすめしにくいです。

第5位:DODA

・求人の量と質 4.8

・キャリアコンサルタントのレベル 4.2

・提案力 3.4

・転職者視点 3.1

・転職後の満足度 3

DODA利用者の裏付け口コミ

営業・24歳男性

とても良かった!
大卒後、契約社員と派遣社員を1年ずつ経験しただけのスキルの足りない私でしたが、契約や派遣の危うさを感じ、何とか今のうちに正社員になりたいとエージェントに複数申し込みました。
中でも、DODAは、一番スピード感があり、コーディネーターさんも親身になって相談に乗って下さり、圧倒的な求人案件の量で、一日も早く転職を決めたいと思ってる方には絶対にお勧めしたいです。私は企業に応募してから2週間で正社員として内定を貰えました。自分のやりたかった職種ですし、内定承諾時に送られてきた採用条件も驚く程良いもので、年収は百万円位上がる予定です。企業もDODAだけの優良企業も多くあり、あまりにも私が内定頂いた企業も条件が良かったので、最初は不安でしたが、いざ出社してみると皆さん感じが良く、とても良い環境でお仕事させて頂いています。
正社員になれて本当に良かった、DODAにお世話になって本当に良かったと、今は感謝しかないです。

店舗管理・27歳男性

希望の求人とは全く違うスカウトが無数に来る
例えば飲食店で働きたいと伝えデューダのサービスを利用したとします。そうすると希望した業界、職種とは全く関係のないスカウトメールが1日に15通近く来ます(事務系、営業、IT業界など)。

納得出来る担当にサポートしてもらう

ここまでは、転職エージェントの選び方を比較しながら紹介してきましたが、実は転職エージェントの評判は、90%担当で決まります!
「担当者なんて運じゃん。」「私の将来、他人次第かよ。」と思う方もいるかも知れません。

そんなあなたに朗報です。

転職を成功させる上で最も重要な、納得できる担当は誰でも絶対に出会うことができます!

そもそも、”良い担当”とは?
悪い評判の中には、「メール・電話対応が雑!」、「案件を押し付けてくる」などの声があります。
中には、こちらの都合を考慮せず職務中、深夜に連絡してきたり、返信が遅かったり、内容が分かりづらいといった担当者もいます。
また、紹介理由を説明せず、とにかく応募させようとしてきたり、すぐに決まりそうな希望と異なる求人ばかりを提案する担当者もいるのが現実です。

その理由は、エージェントも、月末、四半期末の期間で目標を設定しているからです。自社目標に合わせてスケジュール管理したものを、求職者に押し付けてしまう担当者もいるようです。

そんなときは、遠慮なく担当者に希望を話すべきでしょう。
良い担当とは、しっかりあなたの声をヒアリングして対応できるキャリアアドバイザーです!

担当も人間。相性がある!
あなたが担当に求める、“最も大事なこと“って何ですか?
あなたの転職経緯に共感し、真摯に対応することだと思います。
「自分の希望が伝わらない」「会話がずれて返ってくる」「真摯な対応じゃない」…
そう感じたら、その担当はあなたに合っていないかもしれません。

担当は自分で選ぶ
連絡が雑であったり、相性が合わなかったりなど、不安がある場合は、担当を変えてもらう必要があります。
担当の良し悪しはエージェントに登録し、面談にて実際に会って話してみるまでわかりません。
自分の納得できるまで、担当を妥協せず選ぶことは、後悔しない転職をする上でとっても重要です!

そのためには

・登録時備考欄に、どんなキャリアアドバイザーに担当してほしいかの希望を書く
・始めに、目標を互いに統一させるため、初回面談で真剣に話し合う

ことをオススメします。

そうすることで、ある程度あとから担当を変更しなければいけなくなることを防げますね!

結局利用すべき?

転職を円滑に、有利に、広い視野で、自分の転職力を伸ばしながら進めるため、転職エージェントは利用すべきです!

転職エージェントを利用すべき3つの理由

情報の質と量
転職エージェントに複数登録することで、業界内外の仕事をほぼ網羅的に知ることができます。

また、企業側の社内事情を知ったり、非公開求人に応募できるチャンスもあります。

転職サポートが受けられる
個人面談をしてくれるので、本当に自分にあった転職ができる可能性と選択肢が増えます。さらに、そこであなたの新たなアピールポイントが見つかるかもしれません。
また、企業側との橋渡しをしてくれることで、あなたと企業とのミスマッチが起こりづらくなります。複数企業に面接に行く際の、綿密なスケジュール調整も相談できます。

入社対策が充実している

書類審査対策
多くの企業は、転職する際に履歴書や、志望動機や、自己PRなどの書類の提出が必要です。書類審査は、入社するための入り口みたいなものです。
転職エージェントでは、書類作成のフォーマットの提供・フィードバックなどをしてくれます。また、企業側のニーズをあなたにアドバイスしてくれることもあります。

模擬面接
もし、面接での印象が悪ければ、あなたが働きたい企業に就職できることは絶対にありません。最後に、共に働きたいと思う1番の要因は、能力や経歴などより、やはり人柄です!

転職エージェントでは、面接対策の際に、印象・話し方・マナーに関してフィードバックがもらえます。
また、エージェントは、面接の際によく聞かれる質問のデータが豊富です。あなたのエピソードから最適な質問回答がきっと見つかるでしょう。

さらに、中には面接での不採用理由をアドバイザー経由でフィードバックしてもらえることもあります。
次に繋がる不採用は失敗じゃありません。採用につながる適切な対策ができることは、担当キャリアアドバイザーがつく転職エージェントの大きな強みでしょう。

利用の仕方

応募する転職エージェントの得意不得意、メリット、デメリットを知った上で、複数エージェントを利用しましょう。
業界大手のエージェントも、サービスの質や特徴は様々です。そのため、1社のみに登録しただけで、自分に合ったエージェントとめぐり会うのは困難だからです。
一般的には、大手総合転職エージェント3社、業界特化型転職エージェント1〜2社に登録すると良いと言われています。その中から、自分に合ったエージェント会社、キャリアアドバイザーを探すと良いでしょう。

まとめ

転職エージェントは、あなたと企業がマッチングして長く働くことで報酬を最大化できます。
しかし、利用の仕方は押さえましょう。
始めに、自分の転職の軸を定めましょう。
そして、総合転職エージェント3社、業界特化型転職エージェント1、2社に登録し、自分に合った転職エージェント、キャリアアドバイザーを探しましょう。
初回面談では担当者と目標を統一するためにしっかり話し合いましょう。あなたの希望が上手く伝わることで、はじめてエージェント側もあなたに合った企業を提案できます。
注意点
同じ転職希望先に複数エージェントからエントリーすることはタブーです。企業からもエージェントからも不信感を抱かれてしまいます。

最後に

複数エージェントに登録しても、最終的に受ける会社は6〜10社に絞るべきです。
そこまで絞って残った企業には、その分会社への情熱や理解があるはずです。1つ1つの案件を大切に、時間をかけて対策することが転職成功の可能性を引き上げます。
絞った分だけ、残った会社に入社する準備はしっかり万全に整えて挑みましょう